ですから、より良いユーザビリティを実現していくうえで、実際にユーザーがどういった改善を求めているのか、要望を行っているのか、という点を知っておく必要があります。サービスに関しても、ユーザーの意見を定期的に取り入れ、それをサービスの改善に直接的に用いていくことができるかもしれません。特に多い意見、それが重要な課題であると感じるものに関しては、最優先で反映させていくことができます。同時に、今後の運用に関しても、ユーザー視点を取り入れることによって、より『高いユーザビリティ』を実現することができるでしょう。

先ほどの例で考えますが、提供されるソフトウェアは、確かに特定のそれに関する技能や知識が必要になる例もありますが、そのソフトウェア自体に関しては、扱える人がすぐに扱えるような、また、設定の変更なども簡単に行えるようなソフトウェアであるなら、より長期的な利用ができますし、ユーザーの満足度も向上していきます。やはりそのためにも、ユーザーがどのような事を求めているか、またはユーザーの動向を数値化・データ化して、きちんとそれを分析し反映させていくこと、それが求められています。現代社会では特にそうであると言えます。