『バリアフリー』における『段差』は、私達に提供されるサービスやソフトウェアにおける『使いにくさ』や『バグ』、『分かりづらさ』や『動作の遅さ』などに当たるかもしれません。また、『ユニバーサルデザイン』が求められている中での、『特定の文化でしか通用しないデザイン』は、『GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)』における、『配置の分かりにくさ』などに当たるかもしれません。それらのweb上のサービスや、ソフトウェアには、『利便性』と『安定性』が両立されているべきです。それでいて初めて、誰にでも『分かりやすい』、そして『理解しやすい』ものである、と言えます。

様々なサービスが提供される中で、そういった基本的な事柄を重視することは必須である、と言えます。特にユーザーの目は年々厳しくなっています。そしてそれらに関する情報が広く共有されるようになったからこそ、ユーザーの動向も激しく、乗り移りやすい、と言えます。ですから、よりユーザーに合わせた視点で開発を行っていくこと、そしてそのユーザーの意見を取り入れた開発、修正を行っていくことが強く求められます。そしてユーザーも、その必要性を理解しておくなら、より良いサービス、『ユーザビリティの高い』サービスが生まれていくことになります。